ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. SIM豆知識
  4. BYODとは ~ 由来からメリットデメリットまで

BYODとは ~ 由来からメリットデメリットまで

読み方 : びーわいおーでぃー
英語正式表記 : Bring Your Own Device

BYODの定義、由来

BYODとは、社員が自己所有している個人携端末機器を職場で、業務に使用することです。
 個人私有の端末を業務利用する言葉として、元の英文の頭文字の略語であるBYODで表記されることがが多い。
 BYODの言葉は海外のレストランで、BYD(Bring Your Own)という、お酒の持ち込みを許可するという意味のレストラン用語から来ていると言われています。

 単純に機器の持ち込みのみでなく、その個人端末で企業の情報(電子メール、ファイルサーバ、基幹システム)に、アクセスをすることもふくめた総括的な言葉として使われることも多くなっている。

BYODがフォーカスされている理由

 実は、海外で個人のスマホなどのデバイスを利用したBYODは活用されている状況があり、アメリカ、ドイツ、オーストラリア、韓国はメールの送受信やスケジュール管理、ファイル閲覧、社員の連絡先の閲覧などを個人端末で行っている割合が半数近くあるデータもあります。
 日本ではまだまだ、個人端末で利用している状況は少ない状況で、仕事には仕事の端末、プライベートにはプライベートの端末を使っていることが多い状況です。
 しかし、スマートデバイスが高性能になりなんでもこなせるようになりつつある今、合理性を存分に業務利用へ活かしていく時代の流れとしてBYODが注目されています。

BYODのメリットデメリット

 個人端末を企業利用で使うということは、個人の利点と企業の利点と双方が利点がないと導入は進みません。
 以下、それぞれのメリットを記載します。

BYODのメリット

*企業のメリット
端末のコスト削減:端末費用を個人所有のものなので不要であることと、費用補助をしている企業も多いが全部負担をしているところは少ない状況です

端末の管理の削減:個人機器を利用するため、端末の機器管理、またソフトウェアやセキュリティ管理など個人利用するため大幅に削減することが可能となります。
仕事の効率アップ:個人が所有する1台の端末で行うため、操作が慣れているため新たに設定や習得をする必要がなく、業務効率がアップします。

全体的な効果として、企業の携帯端末コストが95%下がるというデータもあります。

*個人のメリット
複数の端末を持たなくてよい:複数端末を持たなくてよいので軽くなることや、紛失などのリスクがなくなります。

いつでもどこでも仕事ができる:場所や時間を選ばず仕事ができるので、働き方改革、テレワークなどの仕組みを使うことができます。

BYODのデメリット

*企業のデメリット
紛失・盗難・情報漏洩:個人利用ゆえに紛失・盗難からの情報漏洩の可能性があります。

*個人のデメリット
個人と仕事とが混同する可能性があります。

SDモバイルに関するご相談を
無料でお受けしています。

PAGE TOP