ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. モバイル端末マメ知識
  4. 結局MDMって何ができるの? 法人のSIM利用について【その2】

結局MDMって何ができるの? 法人のSIM利用について【その2】

MDMサービスの利用機能について

MDMサービスの利用機能については、よく言われているもので

 

  1. 紛失したり盗難にあったりした時の情報漏えい対策
  2. スマートフォンなどを不正利用させないための防止策
  3. セキュリティポリシーに基づいて一斉適用するデバイス管理の効率化

 

の3つで説明されます。

 

スマホドックモバイルのブログでは、それに基づいて分かりやすく簡単に

スマホドックモバイルのMDMサービスがある、

SDモバイルルーター FS030W

で写真で簡潔にご説明したいと思います!

 

紛失したり盗難にあったりした時の情報漏えい対策

会社所有の端末を無くすことは言語同断!ですが、現実あることは否めません。

その場合はMDMサービスを利用して、通信をロックすることができます。

※クリックして拡大できます

MDMサービスの管理画面で通信ロックを指示すれば簡単にその端末をロックして通信ができなくしてしまいます。

 

次にできることとして、その端末がある場所の位置情報を地図にて確認することができます

※クリックして拡大できます

管理画面ではこんな感じで見ることができます
ちなみに、地図の場所は「スマホドック24 東京修理センター店」ですね(笑)

 

MDMでは、端末に対してメッセージを送信することができるんです。

 

こんな感じで、端末にメッセ―を送信すると端末の画面に表示されます。

これで連絡するしないは、拾った方によることにはなるのですが・・・・

 

スマートフォンなどを不正利用させないための防止策

社員の方が端末を持っていると、悪意あるないにかかわらず、会社が意図しない利用はさせたくないものです。

MDMサービスの1つで、端末のログを管理画面から見ることができます
写真では、ルーターに接続された履歴の一覧を表示させています。

※クリックして拡大できます

この他、勝手にアプリをインストールしたり削除させないよう、確認するなどの利用がMDMサービスでは可能です。

 

セキュリティポリシーに基づくデバイス管理の効率化

その他、管理画面から端末に遠隔で匝瑳できるため、モバイルデバイスがちゃんと使用されているか確認したり、端末の初期化をしたりすることで利用されています。

写真では端末の初期設定をする画面になります。

※クリックして画像を拡大できます

社員の方が端末を持ち換えたり、業務上の都合で端末を設定し直す場合いちいち、情報システム部や管理担当者に機器を送付しなくても、遠隔での端末の初期化や設定が可能になります。

また、MDMを使って連絡に使ったりもする会社様もあります。
写真では、営業マンへのアポイント連絡になりますがこういうことでも使っている法人様もあります。

管理画面にメッセージを入力します。

 

そうすると端末にメッセージが届きます。

 

端末をなくしたときにやった、送信と一緒ですね。

 

以上、ざっと写真でみるMDMの使い方になりますが、ご参考にしてください。

 

スマホドックモバイルMDMサービス

 スマホドックモバイルは1月15日より、モバイルルーターのFS030Wに、モバイルデバイス管理を行う富士ソフトの+F MDMサービスをオプションサービスとして開始しました。
 遠隔設定・操作、データ通信速度制御、データ通信量制御、接続機器の死活監視が行え、通信状況の監視や不正利用の防止などのセキュリティの機能も提供いたします。

 スマホドックモバイルは、今後MDMサービスの拡充、対応機種を増やしていく予定です。

スマホドックモバイル MDMサービスについて

 

モバイルルーター FS030W

大容量、高速、期間内速度制限なし!17,800円(税別)

 

SDモバイルに関するご相談を
無料でお受けしています。

PAGE TOP