ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. 端末紹介
  4. クラウドPBXとクラウドPBX専用SIMについて

クラウドPBXとクラウドPBX専用SIMについて

【クラウドPBXの市場について】

 働き方改革の取り組みの背景もあり、ユニファイドコミュニケーションやPBX機能をクラウド型で利用するクラウドPBXのサービスが活発になっています。

 企業が柔軟な働き方を実現するうえで、

スマートフォンやタブレットといったモバイルツールやノートパソコンなどと「企業電話」とが連携するだけでなく、メールやチャット、その他クラウドサービスとの相性が抜群によく、コミュニケーションのツールとして重要な役割を担うこともできる

ためです。

 とくにクラウドPBXは、大規模なレガシーだけでなくSOHOなどの少人数から低価格で導入することもできるため、市場も活性化しています。

 

【クラウドPBXとは】

 PBXとは電話用の交換機のことで、複数の社内の電話機を接続して、内線電話網を作り、電話外線をとりまとめて発着信する機能を持ちます。

 クラウドPBXは、インターネットの環境の普及により音声をIP化することで、PBX機能をインターネット上のクラウドに置けることが可能となったものとなります。

 

 音声のIP化とPBXのクラウド化によるメリットとして

・PBXの機器の費用の削減

・通話料金の費用の削減

・スマートフォンやパソコンで通話端末として利用可能

・場所を選ばず外線利用が可能

・拠点間での内線通話が可能

・構築することが容易

などが多くあります。

 

【クラウドPBX専用SIMとは】

無線環境を構築しないでIPが可能

 クラウドPBXのメリットの1つとして、アプリを入れることによりスマートフォンやノートパソコンで電話回線が利用できるところです。

 スマートフォンやノートパソコンは、Wifiの無線環境でネットワークをつなげています。

 通常はそれで問題ないのですが、工場や倉庫、店舗などWifi環境を作ることに多大な費用が掛かることがあったり、地方の工場などではインターネット回線が引けない場合もあります。

 SIMを使って携帯電話網でインターネット回線を利用すればWifi環境を構築することなく、利用することができます。

VoIPに特化した回線とコストを実現

 音声通話は音声をIP化(VoIP)して利用しているので、常時インターネットに接続する必要があり、その帯域容量は150kbpsが通常必要となります。

 スマホドックモバイルは、4G/LTE回線(低速時ベストエフォート256kbps※1)で常時使い放題に設定したクラウドPBX専用として、コストパフォーマンスが高いSIMをリリースしました。

 スマホドックモバイルのクラウドPBXサービスと連携することにより、低コストで導入がしやすいプランとなっています。

※1 256kbpsはベストエフォートになり、その回線速度を保証するものではありません。

SDモバイルに関するご相談を
無料でお受けしています。

PAGE TOP