ブログ

  1. ホーム
  2. ブログ
  3. モバイル端末マメ知識
  4. いつでもどこでもモバイル通信を利用するための基礎知識

いつでもどこでもモバイル通信を利用するための基礎知識

・モバイルルーターとは?

自宅にインターネット環境が整備されている家庭には、Wi-Fiなどの電波をパソコンやスマホに送信するルーターがあります。家庭に設置されているルーターは、コンセントに差し込んで電源を確保しなければいけませんし、サイズや重量的にもバッグに入れて携帯するのは不便です。モバイルルーターとは、こうした家庭用のルーターを携帯しやすいサイズや重量にアレンジしたもので、役割はルーターとほぼ同じです。

 

モバイルタイプのルーターは、他にもいくつか呼び方があり、ポケットWi-Fiとか、モバイルWi-Fiと呼ばれることもあります。しかし、呼び方が変わっても同じものを指しています。

 

・モバイルルーターと無線LANルーターの違い

モバイルタイプのルーターと無線LANルーターはどちらも、スマホやパソコンにWi-Fiの電波を送ってネットに接続できるようにしてくれるという共通の役割りがありますが、その仕組みは異なります。モバイルルーターはネット回線が内蔵されているため、光回線などを契約していなくても使用できるのに対し、無線LANルーターは単独でネット通信を行うことはできないため、光回線やADSL回線などの回線と接続して使用しなければいけません。つまり、モバイルのルーターは、ルーターを契約すると、別途でネット回線の契約をする必要はありませんが、無線LANルーターの場合には、ネット回線を契約した上で無線LANルーターをどうするのかと決めることになります。

 

つまり、外出先や車内などでサッと取り出してネットを利用出来るのはモバイルのルーターのみす。

 

・モバイルルーターの電波規格4種類

モバイルのルーターには、いくつかの電波規格があります。規格というと分かりづらいかもしれませんが、分かりやすく言い換えれば、電波の種類のことです。電波規格が変わると電波の種類が変わるということなので、電波の届きやすさが変わったり、通信速度が異なったり、といった違いが出てきます。

 

こうした電波規格は、一般的には規格が新しいものほどつながりやすさや通信速度の面で優秀なのですが、ユーザーが使うシチュエーションによっては、必ずしも最新の電波規格でなければいけないということはないでしょう。どんな場所でどんな風に使うことが多いのかを考えたうえで、ピッタリの規格のものを選ぶことが大切です。

 

  3G:山間部など広いエリア

3Gという電波規格は、通信速度という点では他の規格と比べるとイマイチというデメリットがありますが、電波がカバーする範囲が広いという特徴があります。3Gは3rdGeneration(第3世代)のことで、日本全国に広く普及している電波規格となっています。

 

3Gは、山間部など広いエリアでは問題なくつながるでしょう。ただし、トンネルの中や地下、建物の中などでは、つながりにくいことがあるので注意しなければいけません。ちなみに、スマホの大手キャリアであるドコモが提供していたMovaの携帯は2Gだったのですが、3Gは2Gよりも通信速度は早くなります。

 

  4G(LTE):MIMO/キャリアアグリゲーションによるデータ通信の高速化

4G(LTE)とは4thGeneration(第4世代)のことで、3Gと比較すると通信速度がかなり高速化されているという特徴があり、3Gよりも5倍~10倍の通信速度が出ます。LTEというのはLong Term Evolution(次世代高速携帯通信規格)の略で、建物の中や地下、トンネルの中でも電波が届きやすいという優秀なスペックを持っています。そのため4Gタイプの電波規格は、室内でモバイルのルーターを利用したいというユーザーにおすすめです。

 

ただし、4G(LTE)規格のモバイルタイプルーターは、1ヶ月に使用できるデータ通信容量が制限されていて、契約した容量以上を使うと速度制限がかかって通信速度が遅くなってしまうことが多いようです。

 

  5G:高速化/大容量化 IoT時代の多接続通信による対応

5Gは5thGeneration(第5世代)のことで、日本国内においては2020年の実用化を目指して環境整備が進められている最新型の電波規格です。5Gは、これまでの電波規格とは比較できないレベルのハイスペックで、たくさんのデバイスが同時に接続しても通信速度が遅くならない多数同時接続と超低遅延が大きな特徴です。

 

4Gまでの規格は、携帯やスマホなどの機器を対象にした規格でしたが、5GはIoTにも対応できるスペックになっているという点が大きく異なります。

 

  WiMAX:データ容量超えの速度制限が少ない

WiMAXはWorldwide Interoperability for Microwave Accessの略で、モバイルタイプのルーターでのみ利用されている電波規格です。LTE規格と比較すると、電波の周波数が2.5Ghzと高く、室内やトンネル、地下など障害物がある場所だと通信速度が遅くなりやすいという特徴があります。

 

ただし、日本国内で提供されているモバイルのルーターの中では、WiMAXは通信速度制限が設けられていないという大きなメリットがあります。地下などに入ってしまうとつながりにくくなったり通信速度の面ではデメリットですが、屋外や地上階にあるカフェの窓際などでは問題なくつながりますし、速度の面でも不満に感じることはありません。そのため、モバイルのルータでたくさんデータ容量が必要という人にとっては、WiMAXがおすすめです。

 

・モバイルルーター回線について

モバイルのルーターは、それぞれ回線を利用しています。回線は携帯の大手キャリア回線を利用するのが一般的で、大きく分類すると、大手キャリアの回線を利用するタイプ、大手キャリア回線の中でも高速通信ができる部分を部分的に利用するサブブランドタイプ、そして、大手キャリア回線の高速通信以外の一部を利用する格安SIMタイプに分類できます。

 

それぞれのモバイルのルーターごとに、利用する際にかかる料金や繋がりやすさ、通信速度などは異なります。各キャリアや格安SIMのサービスに問い合わせることをおすすめします。

 

 <キャリア> ドコモ・au・ソフトバンク

大手キャリアのドコモやソフトバンク、auでは、それぞれモバイル回線を提供しています。例えばドコモのルータ―は、高速通信ができて毎月5GB利用出来るプランだと、月額料金が7,000円以上と高く、他の回線と比較するとコスパがイマイチという特徴があります。

 

ソフトバンクの回線は、10GB以上の料金プランを契約しているユーザーに対しては、スマホの利用料金から毎月1,080円を割り引いてくれるという特典がついています。ただし、ソフトバンクの高速通信回線は、サブブランドであるワイモバイルと同じなので、コスパ的にはワイモバイルの方が満足度は高いかもしれません。

 

auからもモバイルのルーターをラインナップしていますが、スマホと合わせて契約するとスマホの料金を毎月最大で926円割引してもらうことができます。

 

 《サブブランド》 ワイモバイル・UQ WiMAX

ソフトバンクの4GLTE回線を利用しているワイモバイルは、ソフトバンクとほぼ変わらない通信速度でネットに接続ができる上に、料金面がリーズナブルという点で人気があるサブブランドです。もともとワイモバイルはイーモバイルというモバイルのルーター業者だったという歴史があります。そのため、現在ではイーモバイルだった頃の電波回線とソフトバンクの4GLTE回線の両方を使用しています。

 

大手キャリア以外の回線の中では、圧倒的な高速通信が可能という点で人気のUQモバイルからは、UQ WiMAXがラインナップされています。UQモバイルはもともとKDDIグループで、auと同じネットワークに属する業者という位置づけとなります。そのため、UQ WiMAXを契約するとauのスマホ代を毎月最大で926円割り引いてもらうことができます。

 

 《格安SIM(MVNO)事業者》

スマホの月額料金を少しでも安く抑えるために、大手キャリアから格安SIMへ乗り換えるユーザーは少なくありません。格安SIM業者には、楽天モバイルやDMMなどたくさんの業者がありますが、格安SIMのスマホを取り扱っている全ての業者でモバイルのルーターを取り扱っているというわけではないので注意しましょう。

 

格安SIM業者は、独自に電波回線を持っているわけではなく、ドコモやau、ソフトバンクといった大手キャリアの回線の一部を利用しています。大手キャリアの回線の全てではなくて一部しか利用していないので、かかるコストが大手キャリアと比較するとリーズナブルになるわけですが、通信速度の面ではどうしても大手キャリアと比較すると遅くなってしまうというデメリットがあります。

 

また、格安SIM業者のサービスは、たくさんのユーザーがネットに接続する時間帯には回線が混雑し、つながりにくくなってしまったり、通信速度が遅くなってしまう傾向にあります。そのため、特定の時間帯に使用することが多いユーザーだと、格安SIMではイライラを感じることが多くなってしまう可能性があります。

 

・モバイルルーターの繋がりやすさ、速度に与える要素

モバイルのルーターはそれぞれ、どのキャリア回線を利用しているのか、またどんな端末に接続しているのか、そしてどんな場所で利用するのか、といったたくさんの要素によって、電波の受けやすさが異なります。つまり、ネットへの繋がりやすさや通信速度が変わります。同じモバイルのルーターを使っていても、つながりやすい場所とそうでない場所とでは、使い勝手や満足度は異なるのです。

 

 ・通信エリア

通信エリアは、モバイルのルーターの通信速度と大きな関係があります。一般的には、電波を受信しやすい屋外の方が、地下やトンネルの中、建物の中よりもつながりやすいと言われていて、通信速度も速い傾向にあります。また、モバイルアンテナが充実している都市部なら高画質の動画でも問題なく視聴できるのに、田舎に行くとつながりにくくなってしまい、通信速度が遅すぎて動画を楽しめない、というケースもあります。同じモバイルのルーターサービスを利用していても、通信エリアや場所によっては、大きな差が出てしまいます。

 

屋外や室内といった違いなら、ユーザーが使用環境を工夫することによって対応ができるでしょう。しかし、地域的な問題に関しては、ユーザーが使用環境を工夫しても繋がりやすさや通信速度を大きく変えることはできません。そのため、モバイルのルーターを契約する際には、住んでいる地域を出来るだけ広くカバーしているモバイルサービスを選ぶことが大切です。実際にモバイルのルーターを利用している人の口コミを参考にするのもおすすめです。

 

 ・端末性能

モバイルのルーターの通信速度やつながりやすさは、ルーター端末のスペックによっても大きく異なります。古い機種になると、どうしても最大通信速度が小さいため、最新機種のルーターと比較すると通信速度は遅くなってしまいます。例えば、数年前に最新機種と言われたルーター端末だと、通信速度は最高でも110Mbps程度でしたが、2020年における最新端末では、モバイルのルーターでも最高220Mbpsを出すことが可能です。端末が持っている能力が低いと、どうしても通信速度は遅くなってしまいます。

 

出来るだけ最高の環境でモバイルのルーターを使いたいユーザーは、ルーター端末はできるだけ最新のものを利用するのがおすすめです。サービス業者によっては、モバイルのルーターを購入ではなくてレンタルできるところもあります。その場合には常に最新モデルをレンタルできるので、通信速度の面では常に最高の状態でモバイル通信を楽しむことができるのではないでしょうか。

 

その他にも、通信速度に影響を与える要素には、SIMカードがあります。SIMカードで通信速度が変わるというと驚く人は多いのですが、SIMカードのタイプというのは、ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアで直接契約しているSIMカードなのか、それともワイモバイルやUQモバイルのようなサブブランドなのか、また格安SIMで発行してもらったSIMなのか、というものです。大手キャリアで発行してもらったSIMの方が通信速度は早くなりますし、格安SIMではどうしても大手キャリアと同じ通信速度を出すことは難しくなってしまいます。

 

出来るだけモバイルのルーターを快適に使いこなしたいユーザーなら、格安SIMやサブブランドではなく、大手キャリアのサービスを直接契約するのがおすすめです。

 

・モバイルルーターを選ぶポイントは

モバイルのルーターは、たくさんの業者からラインナップされていて、それぞれ毎月の利用料金やサービスの内容、端末の特徴や使いやすさなどが異なります。どんな点を重視して選ぶのかはユーザーによって異なるため、モバイルのルーターを選ぶ際には、最初に自分がどんなシチュエーションで、どんな場所で利用するのかをシミュレーションすることが大切です。その上で、毎月どのぐらいのデータ容量が必要なのか、スマホと合わせて契約することによって割引きなどはあるのか、といった細かい部分を比較検討しながら、自分にピッタリのモバイルのルーターを選びたいものです。

 

 ・通信速度制限

モバイルのルーターの多くには、通信速度制限があります。これはスマホの契約にも適用されていることが多いもので、どのタイミングで通信速度がどんな風に制限されるのかという点が異なります。

 

例えば、連続する3日間で一定レベル以上のデータ通信を行うと、通信速度制限によって一時的に通信速度が遅くなってしまうという場合には、業者側で連続する3日間のデータ通信容量を管理しているので、3日間の合計データ容量が一定レベルを下回れば、再び高速通信ができるようになります。

 

またモバイルのルーターは、毎月どのぐらいのデータを使えるという容量で契約をします。契約した容量を使い切ってしまうと、翌月までは高速通信をすることができません。業者によっては、使い切った後でも低速通信なら無制限にできるということもあれば、高速通信ができるデータ容量を追加で購入できるというオプションがついているところもあります。

 

こうした通信制限がないモバイルのルーターを選びたいという人は、UQモバイルからラインナップされているUQ WiMAXがおすすめです。

 

 ・通信対応エリア

通信対応エリアは、モバイルのルーターを選ぶ際にはとても重要なポイントとなります。どんなにハイスペックで優秀なモバイルのルーターを持っていても、デフォルト的に電波がつながりにくい地域に住んでいたのでは、どう頑張っても電波はつながりにくくなりますし、つながったとしても快適な高速通信をする事は難しいかもしれません。

 

一般的に、モバイルのルーターは、都市部の方が田舎の山間部よりもつながりやすく、高速通信を行いやすいという特徴があります。しかし、4Gの中でもLTEタイプの電波を利用出来るルーターなら、広い範囲をカバーできるので、山間部や田舎、地下やトンネルの中などでも繋がりやすいというメリットが期待できます。

 

モバイルのルーターを選ぶ際には、各業者から提供されている通信対応エリアの地図をしっかりと確認し、自分自身の行動範囲がどのぐらいカバーされているのかという点を確認した上で契約するようにしましょう。

 

 ・端末の種類

モバイルのルーターは、ルーター端末のスペックによって通信速度が大きく異なります。古い機種は最新機種よりも、どうしても最大通信速度は遅くなってしまいます。具体的にルーターは何年落ちまで使えるのかという点についてですが、機種によって異なるものの、目安としては3年ぐらいをめどに、最新機種に買い替えたほうが、サクサクとつながって高速通信をしたいユーザーにとっては満足度が高くなるでしょう。

 

ルーター端末は、一般的にはレンタルではなくて購入することになります。スマホほど購入価格は高くありませんが、1万円超の機種は多いので、端末を選ぶ際には、できるだけ最新機種を選ぶことをおすすめします。最新機種の方が、購入する際の値段は高くても、長く使うことができるので、コスパの面ではお得になるのです。

 

また、ルーターの買い替え時には、使わなくなったルーターを下取りしてくれるサービス業者を選ぶという方法もアリでしょう。使わなくなったルーターをゴミ箱にポイというのはもったいないですし、民間業者に買い取ってもらうよりも回線業者に直接買い取ってもらえるなら、そちらの方が手間を省くことができます。

 

 ・契約期間

モバイルのルーターを契約する際には、スマホの契約と同じように、業者ごとに契約期間や最低利用期間が設置されていることがあるので注意しましょう。例えば、ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアでは、基本的には契約期間は2年間という設定となっていて、2年ごとに契約を更新する仕組みとなります。そして、契約更新月以外のタイミングで解約する場合には、違約金が発生するので注意しなければいけません。

 

違約金の金額については、2019年9月までに契約したユーザーは、契約書に記載されている通りの違約金が発生します。キャリアなどによって多少の差はあるのかもしれませんが、大体9,500円(税抜)といった高額な違約金なので、注意したほうが良いでしょう。2019年10月以降に契約したユーザーは、違約金が発生するという部分は変わりませんが、金額が1,000円(税抜)に引き下げられています。そのため、この違約金1,000円を支払いたくないと考えるなら、契約期間や最低利用期間ができるだけ短いサービスを選べばよいですし、1,000円なら別に払ってもいいかなと思えるユーザーなら、契約期間や最低利用期間を意識せずにモバイルルーターのサービスを選ぶと良いでしょう。

 

 ・違約金の有無

ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアでは、2019年10月から違約金が引き下げられたものの、違約金は存在するので、もしも契約更新月以外のタイミングで解約した場合には、違約金が1,000円(税抜)かかります。しかし、サブブランドや格安SIMの中には、以前では大手キャリアのような高額な違約金を設定していたけれど、現在は契約期間や最低利用期間を設定せず、違約金もナシといったシステムにしている業者がたくさんあります。

 

もしも違約金のシステムがないモバイルのルーターを選びたいというユーザーは、格安SIMを中心に比較検討するのがおすすめです。

 

格安SIM業者では、契約期間が設けられていても、大手キャリアのようにその度に更新というわけではなく、契約期間を全うすれば、その後はどのタイミングで解約しても違約金は発生しないという仕組みになっていることが多いものです。

 

その他にも、モバイルのルーターの選び方はあります。例えば、取扱っているルーター端末の種類や機種に合わせて選ぶことも可能です。ルーター端末はそれぞれ対応している電波規格が異なっていて、古い端末だと3GとLTEのみに対応している一方で、最新端末なら4GやLTE、WiMAXにも対応している端末もあります。

 

・オススメのモバイルルーターの選び方

モバイルのルーターを選ぶ際には、自分がどんな風にルーターを使うのかという点をシミュレーションした上で、ピッタリのものを選ぶことをおすすめします。例えば、通信データ容量に制限がついているのは困るというユーザーなら、通信速度制限が一切ないWiMAXを選ぶのがおすすめです。ただし、通信制限が全くないというわけではなく、連続する3日間で10GB以上を使ってしまうと翌日の18時~26時まで一時的に通信速度が制限されるというペナルティがあります。この3日で10GBというのは、一般的な使い方をしているとどう考えても到達しないハードルなので、大容量のデータを日常的にネット経由でやり取りするような人でなければ、気にすることはないでしょう。

 

建物の中や地下でも繋がりやすいモバイルのルーターを選びたいという人は、LTE電波に対応している端末を選ぶのがおすすめです。LTE電波は楽天モバイルやDMMモバイルのような格安SIMにも対応しているので、リーズナブルな月額料金でしっかりとネット接続することが可能です。

 

モバイルのルーターの中には、UQモバイルのWiMAXのようにまずはレンタルで使ってみて、その後に契約するかどうかを決めるといったサービスが提供されている所があります。実際に使ってみた上で繋がりやすさや通信速度をチェックできるので、ユーザーには口コミで好評です。

 

 

SDモバイルに関するご相談を
無料でお受けしています。

PAGE TOP